パートナービザ(デ・ファクト)について 2 (無犯罪証明書、Police Check) 

オーストラリアン ビザ

  無犯罪証明書の申請方法  

 日本で取得する場合 

各都道府県の警察庁公安部または警察本部で発行してもらいます。

必要なもの

・パスポート

・現住所の確認できる物(運転免許証・住民票の写し・個人番号カードなど)

・無犯罪証明を必要とする書類(ビザフォーム)

まずは電話やウェブサイトで予約の有無などを確認しましょう。

申請後2週間すると連絡がきました。本人が取りに行くのが決まりですが、どうしても無理な際には委任状に記入し代理人が顔写真付き身分証明書を持参し受け取ることができます。

 

 オーストラリアで取得する場合 (メルボルン日本領事館ウェブサイト参照)

各地の日本領事館で申請できます。

必要なもの

・警察証明書発給申込書2通

・有効なパスポート

・指紋原紙(当日窓口にて渡されます)

・無犯罪証明を必要とする書類(ビザフォーム)+同和訳こちらは領事館へお問い合わせください。

申請方法

電話にて指紋採取の予約を取り、本人が領事館へ行ってください。郵送による申請及び代理申請はできません。

申請後2~3か月で発行されるそうで、受け取りは日本と同じ本人か、委任状に記入し代理人の顔写真付き身分証明書を持参し受け取りができます。

 

  オーストラリアンNational Police checkの取得方法  

申請料金$42

Australian Federal Police ウェブサイトに行きます。

まず左の赤い枠National Police Checkをクリック、次に右の赤い枠Application PortalをクリックするとApplication portalへ行きます。そこをクリック

↓の画面に切り替わります。前書きを読み、一番下の同意するにチェックを入れStart New Online Applicationをクリックし、申請がスタートします。

最初のページにはProof of Identity 所持している身分(身元)証明にチェックします。(ポイントが100になるまで)ちなみに私はパスポート、クレジットカード、Bank statement(銀行預金残高証明書)を選びました。前もってスキャンしておくとスムーズです。

”上記の身元証明ドキュメントをスキャンしました”の欄にチェックを入れ、次に進みます。

申請者の詳細を入力していきます。名前、誕生日、連絡用e-mailアドレス

最後の項目は

· Purpose Type – “Commonwealth Employment/Purpose”

· Purpose Check – “33 Immigration/Citizenship – for supply to the Department of Immigration and Border Protection”

を選び次に行きます。

スキャンしたドキュメントをアップロードします。間違いなく全てアップロードし、”100ポイント以上のドキュメントをアップロードしました”にチェックを入れ、次に進みます。

5.1 Applicant Details 申請者の詳細 以下を入力していきます。

・Date of Birth 生年月日

最後は該当しない場合(ほとんどは)NOにチェックをし次に進みます。

6.1 現在住んでいる住所を入力します。

6.2 郵送先が違う場合は入力してください。住所と同じ場合はSame As Current Residental Addressにチェックを入れます。

6.3 現住所に10年以上住んでない場合、以前に住んでいた住所を入力します。Add Moreで追加できます。

入力し次に進みます。

 

↑最終確認画面に移り、内容に間違いがなければチェック項目にすべてチェックを入れ次へ。

全ての内容に同意し、チェックを入れ次の支払いに進みます。

クレジットカード詳細を入力し、間違いがなければPay Nowをクリック、通知メールが来ます。申請完了です。問題がなければ1週間から10日ほどで届きます。

タイトルとURLをコピーしました