オーストラリアン・ワインについて

オーストラリアン・ワイン

オーストラリアン・ワインについて

ワインを語るにはまだまだ未熟ですが、オーストラリアはワインの生産ランクトップ10に入っており、2017年には5位に。世界的にも有名なオーストラリアン・ワインのブドウの種類や有名なワイン産地などを少しまとめてみました。

メジャーなワインの種類

赤ブドウ

・Shiraz シラーズ

もともとはフランスのローヌ地方のワイン、Syrahから由来され、オーストラリアではShirazと呼ばれてます。フルボディでスパイシー、力強くしっかりとしたコクのある味わい。パンチがあるシラーズにはスパイシーに味付けされたお肉料理や、ジビエ料理などに合います。

 

・Cabernet Sauvignon カベルネ・ソーヴィニオン

略してキャブサヴと呼んでます。世界でも最も広く栽培されている品種の1つ。色の黒い小さな実が特徴。主な産地としてはフランス・ボルドー、イタリア・トスカーナ・アメリカ・ナパバレー、オーストラリア。シラーズほど強くなく、ピノノアよりもパンチのある味わいで、コクもあり、失敗しない無難なワインと言えるでしょう。牛肉やラム肉など、ステーキやローストされた料理などと相性が良いです。

 

・Merlot メルロー

フランスのボルドー地方で有名なダークブルー色の品種。フランス語ではThe Little Black Bird 小さな黒い鳥という意味だそうで、どの食事とも相性が良く、また飲みやすいことからワインそのものだけでも楽しめます。

 

・Pinot noir ピノノア(ノアール)

ヨーロッパ・ブドウの系統で、フランス・ブルゴーニュを原産とする、黒色よりの紫みを帯びた青色のブドウ。世界中で多く栽培されている品種の1つで、イタリアではピノ・ネロ、ドイツではシュペートブルグンダーの名で知られています。酸味は強めですが、軽くて飲みやすく、鶏肉などのお料理と合います。

 

・Red blends レッドブレンズ

違った種類ブドウを混ぜ合わせたもの。シラーズをベースとしたもの、キャビネット・ソーヴィニヨンをベースにしたものなどなど。



白ブドウ

・Chardonnay シャ-ルドネ

グリーン色のブドウ。原産は東フランスのバーガンディ(ブルゴーニュ地方)のワイン地域。ライトボディで、フルーティーな味わい。味の特徴は生産地によって違います。カニやエビ料理、蒸した魚、鶏肉または、蒸した魚、鶏肉、春野菜を使ったパスタやリゾットなどと相性が良いです。

 

・Sauvingnon ソーヴィニヨン

緑色のブドウで、原産はフランス南西部にあるボルドー。世界でも、フランス、チリ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、サウスアフリカ、アメリカ・ワシントンやカリフォルニアなどの多くの国で栽培されてます。味の特徴は生産地によって違いますが、一般的にドライ(辛口)でキレが良く、爽やかな味が特徴。レモンやハーブを使った白身魚やサーモン料理、バーベキュー料理などとも相性が良いです。

 

・Riesling リーズリング

原産はヨーロッパを流れるライン川地域。アロマティックでスッキリとした心地よい酸味とフルーティな味わいが楽しめます。辛口から甘口まで製造されており、スパークリングワインでも楽しめます。さっぱりとしていて、飲みやすいです。ロブスター、ホタテ、魚料理、豚肉、スモークされたお肉などの料理と相性が良いです。BLTサンドウィッチとも☺

 

・Pinot Gris/Pino Grigio ピノグリ/ピノグリジオ

Common Grape ヨーロッパ ブドウ(ヴィニフェラ種)と言われており、中央ヨーロッパから、地中海地域、モロッコ、ポルトガル、ドイツ、イラン東北部、南西アジアを原産とするブドウで、色は灰色がかった青。甘みのあるものから辛口まであり、どれもさっぱりとした爽やかな味わいが多く、飲みやすいです。豚肉や鶏肉との相性が良く、中華料理などにも良いです。そのままの味わいを楽しむのも良いです。

 

・White blends ホワイトブレンズ

赤と同じく、違った種類ブドウを混ぜ合わせたもの。二種類、またはそれ以上の種類を混ぜ合わせたもので、オーストラリアで人気なホワイトブレンズはSemillion Sauvignon Blanc セミリオン ソーヴィニヨン ブラン。

※ウィキペディア/オーストラリアのウェブサイト/サントリーワインスクエア参照

 

私のおすすめ品種

白ワイン

・Viognier ヴィヨニエ

フランス・ローヌバレー原産。味わいは各生産地で違いますが、さっぱりとしていて爽やかで飲みやすく、夏の暑い日によく冷えたヴィヨニエは最高です。

 

赤ワイン

・Montepulciano d’Abruzzo モンテプルティアーノ(モンテプルチアーノ) ダブルッツォ

イタリア東中央部のアブルッツォ地方産のワイン。最近はこれにハマってます。ミディアムボディで飲みやすく、しっかりとした味わい、でも全くしつこくないという。トマトベースのパスタや、サラミ、肉、鶏料理と合います。

 

・Sangiovese サンジョベーゼ

こちらもイタリア産ワインで、イタリアではメジャーな品種。味や特徴は産地によって異なりますが、私が飲んできたイタリアン・サンジョベーゼはどれも美味しくて飲みやすく、特にトスカーナ地方のものが好きです。ステーキなどのお肉料理、イタリアン料理全般に合います。

 

オーストラリアで有名なワイン産地名

WA ウェスタン オーストラリア

・Margaret River マーガレット・リバー

WAの南にあるワイナリー。パースからは車で約3時間ほど。ワインだけでなくビール構造所もあります。

 

SA サウス オーストラリア

・Barossa Valley バロッサ バリー

アデレードから車で約1時間ほどの場所にあります。約150ヵ所のワイナリーがあり、70ヵ所ものワインセラーがある世界的にも認められているワイン産地の1つです。

 

・Coonawarra クーナワラ

ヴィクトリア州との境界に近く、アデレードからは車で南西に約4時間の場所。以前はShirazシラーズで有名だったらしいのですが、今はCabernet Sauvignon カベルネ・ソーヴィニオンが人気だそう。こちらの産地のワイン個人的に癖がないと思うので好きです。

 

VIC ヴィクトリア州

・Yarra Valley ヤラバリー

メルボルンから車で約1時間の場所にあるヤラバリー。フランスのシャンパン製造会社、モエ・エ・シャンドンが設立したという有名なドメインシャンドンがあり、また地ビール構造所も人気です。

 

NSW ニューサウスウェールズ

・Hunter Valley ハンターバリー

シドニーから北へ車で約3時間の場所にあり、世界トップクラスのワインを製造しているそうです。

 

個人的に

私は赤ワインが体に合わず飲めなかったのですが、最初にピノノアから少しずつ飲み始めたところオーストラリアで赤ワイン苦手克服。それからは赤ワインばかり飲むようになり、今はMontepulciano d’Abruzzoモンテプルチアーノ ダブルッツォ、Cabernet Sauvignon カベルネ・ソーヴィニオンを好んで飲んでます。白ワインはviognier ヴィヨニエがお気に入りですが好きなワイナリーの物がなかなか購入できないので、Pinot Gris ピノグリ、またはRiesling リーズリングを選んでます。美味しい料理と美味しいワイン、幸せな気分になります☺必ずお水も沢山飲みましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました