ヴィクトリア州メルボルン光熱費やインターネット料金について

オーストラリア生活

メルボルン光熱費やインターネット料金について

オーストラリアは物価も高いのですが、電気料、水道、ガスの料金も高いです。インターネットに関しては月額は日本とそんなに変わらないのですが、インターネット速度が遅いです。

こちらでは電気会社は選べます。各会社によって価格設定や特別割引などが違います。

CANSTAR BLUEサイト内でヴィクトリア州、各電気会社の比較表にて顧客満足度などが見ることができます。

私はメルボルン市内中心に住んでますが、比較する時間もなく引っ越しと共にアパートにあった電気会社のパンフレットに新たに登録しました。三か月毎に請求が来ます。冬には今までに払ったこともない額$635になりました。

ちなみに暖房器具は壁に設置されているこちら↓↓

何度か消し忘れて寝てしまったことがあったのですが、その影響は大です。これは何か対策を!と年末のセール時にコンパクト温風ヒーターを購入。

小さい割に結構暖かくしてくれたのは良かったのですが、頻度良く使い過ぎたのか…やはり電気料金は高かったです。

ガス代は、運良くアパート全体がガス提供会社にカバーされているので支払いは無しです。助かります。

水道料に関しては、二ヵ月に一回の請求ですが$128~$166。やっぱり二人暮らしにしては高いのかなと思います。

私がシェアハウスをしていた時は確か、光熱費は別で払いましたが、二人でシェアの水道電気ガス込みで一人$80でした。安かったなと思います。インターネットは月々$30払ってました。

夏、今住んでいるアパートにはエアコンが完備されておらず、インスペクション時にチェックしなかった私が悪いんですが(-_-;)夏でも普通の暑さなら窓を閉めておけば建物自体がひんやりしてます。しかし、料理などで火を使ったり、シャワーを浴びると熱気がこもって一気に部屋の温度があがります。そして猛暑日45度越えの日にはさすがに何をしても暑かったです。エアコンの素晴らしさが身に染みてます。

そこで、猛暑日にもう何かポータブルクーラーでもなければ無理だ!ということで購入したのが

こちらの冷風機です↓↓

氷を使って冷気を出すという機械。後ろに氷を入れるタンクがあり、そこに大量の氷を入れると涼しい風が出てきます。ポータブルエアコンは外気を給気排気ダクトというパイプを窓に付けなければならず、アパートの窓の形に合わず断念しました。(-_-;)

夏はコンビニエンスストアから氷の大袋を買ってきて常備。冷風機が活躍しました。電気料金はというと、$511でした。

大体の家電製品はワット数が高いのと、オーブントースターや電気ケトル、掃除機、洗濯機、冷蔵庫など使う頻度が高い物なので、今では仕方がないなと思ってます。

インターネットについて

nbnという早いインターネット回線が徐々に主流となってきてますが、建物や地域によってまだ配給されてない所も多いようです。

今のアパートはまだnbnが使えないのでADSLを使ってます。無制限で月に$60。たまに接続が遅いのが難点。彼が日本に来てインターネットの速度を測り「日本のインターネットの速さは素晴らしい!」とビックリしてました。

Telstra のnbn24ヵ月契約プラン  2018年11月現在

100㎇まで UNLIMITED無制限

+Bonus Google Home Mini

UNLIMITED無制限

+telstraTV+Foxtel Now+Google Home Mini

$69 $89 $99

私が利用しているBelongという会社の場合

ADSL プラン 2018年11月現在

100Gまで UNLIMITED無制限
12か月 契約 $55 $60
月額 $55 $65

nbn無制限プラン 2018年11月現在

Starter 30Mpbs Standard Plus 40Mpbs Premium 80Mpbs
12か月 契約 $55 $65 $90
月額 $60 $70 $95

nbnのほうが料金は割高になってますね。しかし、インターネット速度は早いほうが良いと、個人的に思います。

 

シェアハウス、シェアアパートメントでの光熱費のシェア注意したほうがいい点

私が英語が全くできなかった頃。シェアハウスで光熱費はレントと別だったのですが、詳細も教えられず言われた金額を渡していたことがありました、しかも領収書もなく。その後、英語のできない入居者に対してオーナーが金額を多めに請求してくることもあると聞いたことがったので、うやむやにせず、きちんと詳細を見せてもらい、納得したうえで支払いました。領収書も書いてもらい保管しました。こういったことで揉めたり嫌な思いをしたくなかったので。なので、ポイントは(今は心配ないのかもしれませんが?)

・インスペクション時に支払いの方法を明確にする。レントと光熱費、インターネットは別かどうかなど。

・光熱費の請求書を必ず見せてもらう。想以上に高額な金額を請求された時にはきちんとその詳細を確認する。

・シェアメイトがエアコンなどを使いすぎる(私の経験で、シェアメイトが冷房18度設定で最強の風量設定にされたことがあり、温度と風量を変えてもまた直されてしまった…)家賃、光熱費等を管理している人には言いましたが、短期の滞在だった為「悪いけど我慢して」と。

・いくら払ったかなどメモしておく

などなど。物価も電気料金も水道代も高いオーストラリアですが、節約できる部分でもあるので使い過ぎず、シェア生活が快適に生活できるよう心掛けることは大切ですね。

 

タイトルとURLをコピーしました